徒然FreeSoft

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows7 インストール奮戦記#1

<<   作成日時 : 2009/10/31 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Windows7が正式にリリースされて1週間が経過しました。
我が家の2台のPCにインストールしたWindows7は今のところ安定した動作を提供してくれています。
過去のOSと比べれば簡単になったインストールですが、私の場合多少のトラブル?がありました。
Win7のインストールに関してはWeb上で有用な情報が十分に得られますが、これからWin7へ移行される方への参考になれば、そして私自身の備忘録?として記録します。

■アップグレード版はOSのグレードにご注意を
Win7への移行PCは2台。1台はVista-UltimateのNote-PC、もう1台はVista-HomePremiumのDestTopです。
これに対しWin7-Proのアップグレード版を当てました。

●Note-PCでアップグレードできない!
Vista-UltimateのNote-PCにWin7-Proをアップグレードしようとすると、グレードの違いから既存環境を維持した状態でのインストール(アップグレード)ができないとのメッセージがでてしまいました。クリーンインストールを行うようにとのガイドメッセージで戸惑ってしまいました。
後でわかったことですが、Vista→Win7の場合はOSのグレードが同じ場合でないとこのようなことになるようです。これからWin7をご購入される方でアップグレードをお考えの場合は事前にMicrosoftのHPなどでご確認されたほうがよさそうです。
過去のOSではこのような場合でも強制的にインストールするコマンドがありましたが、今回提供されたDVDにそれを見つけることはできませんでした。(よく調べませんでした)

結局のところ素直に新規インストールと相成りまたが、既存データを一時保管のためにWindows転送ツール(インストールDVDに収録されています)を使いました。これがまた大変でデータコピーに3時間を要してしまいました。
私のようなケースではインストールは1日仕事になってしまいます。時間に余裕のある時のインストールをお勧めします。 ただ単に新規インストールは約1時間程度で完了しますけどね。

●64bit版をインストールすればよかった!
Note-PCにインストールしたのは32bit版でした。PCはメモリを4GB搭載しており32bitVistaでは約3.5GBの認識でした。メモリを全認識させるには64bit版のインストールが常套手段です。 が、ドライバーやプリンターなどの周辺機器との互換性を考えると64bitに踏み切れず、Win7 32bitをインストールしました。Vistaに移行当初対応ドライバーが少なく苦労した覚えがあったからです。
これがまた選択の誤りというやつで、私の使用環境からすると64bit版でも同じでした。結局未認識の500MBのメモリは今遊んでいます。その内仮想ドライブ化してテンポラリー用にあてがうつもりです。

●プリンタードライバーがリリースされていない!
Note-PCはビジネスシーンの使用がメインです。会社のLBPプリンター(ほぼCanon製品)は古いものが多くWin7用のドライバーがまだリリースされていません。CanonのHPで該当のLBPプリンタードライバーのリリース状況を調べてみますと、対応時期:2009年10月以降との記載が多く、いつまでにリリースされるのか不明です。
なんとも困ったものです。
ただ救いなのはINKJETプリンター(iPシリーズ)はWin7で提供されるドライバーがあり、使用することができます。
プリンター使用が必須の場合はこれまた事前の調査をお勧めします。

リリース直後のOSゆえに不都合もあるWin7ですが、Vistaと比較して軽快な動作は心地よい点でもあり、移行のメリットは十分に享受できますよ。

もう11月か・・・・・・。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Windows7 インストール奮戦記#1 徒然FreeSoft/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる